忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

9602978b.jpeg









●小さいころのハリーを描こうと思い立って・・・。
なるべくラドクリフ君を思い浮かべないようにして描いたら、手が滑って傷を間違えました。
しかも二度

●小川洋子さんの「心と響き合う読書案内」を読んでるのですが、読みたい本が列をなして待っているときに読むべき本ではなかった。と反省しました。読みたい本増える!!!!!
小川さん、なぜこんなにやさしく魅力的に本を紹介できるんだろう?
特に、「山月記」「家守綺譚」「星の王子さま」は読みたいです。
山月記は、前一回読もうとして、手にとって、文体を見て、「ウッ」と思ってまたそっと本棚にしまった記憶があるんですが、もう一度手に取る勇気が出たし、「家守綺譚」「星の王子さま」は前も読んだけれどああこういう読み方もあるのかと、再読したくなったですし。
他にも「ジョゼと虎と魚たち」も、「ながい旅」「銀の匙」「流れる星は生きている」「父の帽子」あと「阿房列車」とかもチャンスがあれば読んでみたい、です。

拍手[0回]

PR
●遅くなりましたが、週末はスネイプ先生のお誕生会に行ってきました!
ここには書ききれないほどの、たくさんの素敵なことがありましたよ~

●ちょっと書きますと・・・
スネイプ先生に関するクイズが出題されたり、
手作りスネイプ先生人形と再会したり、
いろいろな飾りつけのほどこされたカップケーキを頂いたり(私はコウモリ柄のものを頂きました♪)、
恒例のスネイプ先生へのプレゼントを持ってきたり(毎度選んだ理由を発表できるのがすごく嬉しいのですが!愛を!愛を語れるので!)、
アイリッシュパブでお食事をしたり(ホグワーツで出ていたメニューもありました~)、
そこでアイルランドのものらしい音楽を聞いたり、
そして「秘密の部屋」を読んで(今回のメインイベント)章ごとに語り合ったり・・・。

●どなたかがおっしゃっていましたが、一人で読んでいるだけでは絶対に見えてこないだろうと思うような意見が、他の読者の方々と集まると、あっさりと出てきたりする。
本当に面白いことだなあと思いました。
もっとメモ取れば良かったです。
今回の個人的ヒット意見は「トビアスには経済能力がなかったのか」というものでした。
私のイメージでは、トビアスは最底辺の労働者だったのですが、そもそも働いてないという選択肢もけっこう高い可能性であったんだよな~と、ここで初めて気がつきました。
それから、「フィルチは年をとっているのにまだ頑張って勉強してて偉いね」とか、「魔法も使えないのにあのホグワーツ城の用務員を一人で!」とか、けっこうフィルチに優しい意見が出ていたのも印象的でした。
あの一日でかなりフィルチを好きになった気がします。

●で、そのあとは、アンダーアーマーカレッジボウル2013(アメフト関東オールスターの試合)を観戦して帰ってきました。
初めての観戦で勝手が分からないながらも(簡単な状況さえよく分からない時がありながらも)、すごく楽しくて、嬉しかったです。

●そんなわけで、とても楽しい滞在でした。
関わって、助けて下さった方々には、本当に感謝です。
どうもありがとうございました(_ _)

拍手[0回]

2d8136ad.jpeg










●スネイプ先生、お誕生日おめでとうございます!!
最近は、絵をしっかりと仕上げるパワーを失っていたので、せめて数で勝負を!と思って、 クロッキー帳1ページに何人描けるか、やってみました。
こうして見るとあまり・・・祝っている感じがありませんが・・・数え間違いがなければ、12人いるはずです(あと一人ねじこめそうな気もしたのですが、トレローニー先生が騒ぎそうだったのでやめました)。

●前似たようなことを書いたことがあるかもしれませんが・・・スネイプ先生はどんなプレゼントをもらったことがあるんでしょう?
先生時代になると、くれる人は限られると思いますが、学生時代はリリーや、スリザリンズから、贈りものがあったでしょうね。
リリーからのプレゼントというと、何かきてれつなものか、本(二人とも魔法の勉強が好きそうだし)じゃないかなーと思います。
ルシウスは、何かこう、からかうような、遊ぶような気持ちを込めたものを贈ってきそうなイメージです。先生になっても、少年時代に食べていたお菓子を、いつまでも贈ってくるとか。
他のスリザリン達はなんだろう、闇の魔術の本とか品物とか、はたして誕生日に贈るだろうか・・・いや、彼らなら贈るかも。あの平和な時代に育ったドラコだって、闇の魔術の品々に好意的な関心を寄せていますもの。

●贈りものはどういうものでもいいし、どんな人からでもいいのですが、スネイプ先生の誕生を喜んでくれた人、スネイプ先生が「いてくれてよかった」と思う人が、確かにいただろうことを思うと、少しほっとします。
もちろん、今では、マグル界にも、そんな人がたくさんいるわけですよね。
私も、その一人です。本当に、本当に、おめでとう!!

拍手[2回]

●ポタモアに入れなくなってしまいました。
パスワードで引っかかるようになって、変えたのですが、それでも入れないのです。
いろいろとイベントが起こっているらしいので、非常に残念です・・・。

●今日の夕ご飯の、主食は柿の葉寿司でした。

●英語の先生が、最近、授業でいろいろな音楽を聴かせてくれます。ジョン・レノンのHappy Xmas (War is Over)は好きな歌なので、授業で聴けて嬉しかったし、スティービーワンダーだったかな?Just Called to Say I Love Youという曲は初めて聞いて好きになりました・・・「特別な日じゃないけど、愛してるって言いたくて電話したんだ」ということをとても素敵に話している曲で、とっても気持ちがほっこりします。

拍手[1回]

●どんどん寒くなってきましたね。ココアを消費する季節です。
昔、スネイプ先生が眠れないでいるとダンブルドアがフラッとやってきて、ココアをすすめてくれる妄想をしていたのを思い出します。
今では、眠れないくらい、スネイプ先生一人でなんとかするだろう、とも思いますが、スネイプ先生の「なんとかする」っていうのは、「眠れるまで研究してるからいい」という感じの方向に向かいそうで(そしてそのまま朝を迎えそうで…)そこはやや心配です。
あ、でも、次の日が授業だったら、なんとか寝ようとしてくれるでしょうか。スネイプ先生、仕事熱心ですもんね。体調管理を仕事の一つと思ってくれていれば、そこもきちんとこなすのでしょうね。
先生がもし、結果が出せればあとはなんでもいいような、一人で家でやるような職とかについてたら、もう体のことなど省みず、大変なことになっていそうです。先生が団体生活を送らねばならないところに就職できて、本当によかった…。三食栄養のあるもの食べられるし。なんだかスネイプ先生のことを考えていると、ついつい思考回路がお世話焼きモードになっちゃいますね。スネイプ先生の部屋担当の屋敷しもべになれたら…

●話は変わって、アート教室に参加してきました。以前小さな展覧会のあった感じのいいアトリエで、チラシをもらっていたんです。
第一回目はオイルパステルという、私は初めて使う画材で、ひたすら色を塗ることで絵を作りました。
線を引いたり、横にして面塗りをしたり、塗った上から指でこすったりしました。爪に色が挟まってすごいことになってました。
最初のいくつかの線は先生の指示で似たようなものを描いたのですが、「はい、ここから自由です」と言われると、そこからはやはり、まったく違ったものになりました。
私はなぜかずっと「生命力…………生命力…………」と思いながら描いてましたが、考えて描くのではなくて、思いつきとか無意識に近い感覚で描けるというか、すごく面白かったです。
オイルパステルも描きやすくておもしろくて、欲しくなりました。先生も楽しい方だったし。
次回はデッサンで、モノクロの世界です、と言われたので、今から楽しみです。

拍手[0回]

本とマンガ(特にハリー・ポッターシリーズと、南国少年パプワくんなど)が好きな管理人のブログです。数年前に精神をわずらい、治療をつづけています。
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/22 おにゆり]
[03/22 果穂]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
鬼百合じん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]